top of page
検索
  • 執筆者の写真esutowai

介護職員の給与は安いか?



 介護職員の給与についていろいろと記事が書かれています。地域や施設規模、会社の方針である程度価格差はありますが、介護士の平均年収は378万円(270万円から400万円)程度と言われています。一見低いように見受けられますが、美容師の平均年収260万円と比べると、低いようには見受けられません。しかし、介護職員には「夜勤」という勤務がある為、それを考慮すればやはり低めに見受けられるように感じられます。

 当社でも2021年4月より新たに介護事業へ進出する事となりました。その際に必ず問題となるであろう「給与」と「勤務時間」は以前から検討を続けてきました。どんなに会社が進出しようと意気込んでも、そこで働くスタッフの幸せを犠牲にしては、元も子もありません。可能な限り昇給し、無理のない働き方を目指した介護ビジネスを展開したいと考えています。その為にも、スタッフ一人一人のスキルの向上は勿論、協調性のある人材を育成する必要があります。

 当社では、各人の努力で得たスキルを一番大切にしているため、介護士の中でも介護福祉士の国家資格を持つスタッフには「年収500万円支給!」を当社の目標としています。もちろん、複数施設の管理等を任せられる人物には最終的に「600万円⇒700万円⇒・・・」と、上限無く昇給していきたいですね。

 経営者からの目線で申し上げますと、「どのような崇高な仕事をしているか」より「どれだけ社会に貢献しているか」の方が、給与を多く出す際の基準となります。そもそも、社会に対し何らかの貢献をする事で、その対価として代金を頂くのが商売の本質です。なので、介護職の給与が安いかどうかは、問題の本質ではないと私は考えています。

【代表取締役 深津 俊】


閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page